タピオカドリンク

 

翔美 CHARMY SNOW-ICE

 

台湾産生アップルマンゴー

 

商品カテゴリ

コンテンツ

聖荷

 

健福

 

菜食食材ショップ@北海道

 

国立ショッピング情報

 

日本ベジタリアン協会

 

弘陽食品

 

中一素食店

 

HOME»  人体時計



  00:00~01:00 睡眠の浅い時期 気血は肝臓にある
夢が多く敏感で、体の不調な者はこの時に痛くて覚めやすい。徹夜をしてはいけない。(眼の濁り、白い舌の苔は肝臓が悪いことを表している)

 

  01:00~02:00 排毒期 気血は肝臓にある
この時期に肝臓は毒素を排除するために活動が旺盛であるが、体は睡眠状態に入って、肝臓が老廃物の代謝を完成させる。

 

  03:00~04:00 休眠期 気血は肺にある

重症の病人は最も発病し易い時刻で、病人はよくこの時刻に死亡する。徹夜はこの時期を過ぎない方がよい。

 

  05:00~07:00 排便期 気血は大腸にある

この時間帯は排便が最も容易で、糞便の色、形と大きさで、身体の状況を検査できる。正常な大便は水分を含み、直径2~3cm、長さ7~9cmで、悪臭がない。

 

  07:00~09:00 栄養の吸収期 気血は胃にある

この時、胃は胆汁、膵液、唾液が必要とされ、食物を消化する。野菜を多く食べ、十穀でバランスの取れた栄養を摂取するともに、一日に必要な基礎代謝量を提供する。朝の時間帯は野菜、十穀米を食べて、バランスの取れた栄養を摂取して、一日に必要なエネルギーを補充する。

 

  09:00~11:00 精華期 気血は脾臓に流れる

朝食した物は消化を経て、分解されて栄養になり全身に送られる。この時、脾臓は血液を製造して、全身の細胞の滋潤になる。この時注意力及び記憶力が最もよく、仕事と学習の最良の時間帯である。

 

  12:00~01:00 昼休み期 気血は心臓に流れる

静座或いは目を瞑って少し休んでから食事を取る。正午は酒を飲んでいけない。酔い易くまた肝臓にもよくない。

 

  13:00~15:00 クライマックス期 気血は小腸に流れる

分析力と創造力が最も発揮できる最高の時間帯である。この空腹時に決明子茶を飲んで気を補い、体内の毒素と老廃物の排除を助けて、身体の新陳代謝機能を強化する。

 

  15:00~17:00 低潮期 気血は膀胱に流れる

体力を消耗する階段で、果物をおやつにするのがよく、その他の食べものを食べて肥るのを避けられる。決明子茶を飲んで利尿に裨益する。糖尿病患者は水脹れを緩和にし、体内酸毒の排出を促進する。

 

  17:00~19:00 リラックス期 気血は腎臓に流れる

腎臓は全身の精気を掌り、腎臓機能のよくない人は休憩と養生に注意し、野菜とアルカリ食物を摂取して、腎臓の負担を減少する。

 

  19:00~21:00 一時休憩期 気血は心包に流れる

食後20分散歩するのが良い。リラックスして、一日の疲労を回復する。心臓の滋養になって循環を増加させる時刻である。20:00~22:00は夜の休憩期で、夜の活動のクライマックスの時間帯で、相談、学習などに効果的な時間帯です。

 

  21:00~23:00 一時休憩期 気血は心包に流れる

気血は三焦(上、中、下)にある

就寝2時間前から飲食をしない。睡眠の質を確保して、皮膚の光沢と弾力を維持する。

 

  23:00~24:00 睡眠期 気血は肝臓に流れる

一日の忙しさから開放されて、心身ともにリラックスして熟睡する。体に過度の負担をかけず、肝臓も適度に休息させたら、肝臓の排毒と五臓への栄養補給の効果が出てくる。